特定医療法人双愛会
 大宮双愛病院
 〒330-0804
 埼玉県さいたま市大宮区
 堀の内町2-160
 TEL.048-643-1200
 FAX.048-644-2902
qrcode.png
http://omiya-souai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
                  
多様な働き方実践企業
『 ゴールド 』
 

ヘルニアについて

   
そけいヘルニアとは?
そけい部(足のつけねあたり〉の筋膜の間から腸のー部や腹壁が皮下まで出てくる病気です。一般に脱腸と呼ばれるものです。

どうしてヘルニアになるの?
生まれつき弱かったり、加齢や外傷等により弱くなった腹壁に腹圧がかかることによりヘルニアになります。強い腹圧の要因としては、激しい運動、重量物の持ち上げ、便秘、妊娠、せき、吹奏楽器の演奏等があげられます。
   
ヘルニアについて
へル二アの症状
脱腸部位付近が盛り上がってきます。へル二ア門や腹壁が拡張される時や、神経を圧迫する時には局部的な痛みを伴います。また、へル二ア門で圧迫され血流障害を起こす

(嵌頓かんとん状態)とより広範囲で痛みを感じることが多く、さらに出た腸菅が捻転を起こした場合には痛みが腹部全体に及び、嘔吐を伴うこともあります。

嵌頓や捻転を起こすと血流障害から最悪の場合穴が開いたり壊死することもあるので状況によっては緊急手術が必要になる場合もあります。


治療法は?

薬や注射による薬物療法や運動療法では根本的な治療はできないため、手術による治療になります。
現在は、従来法に比べ手術時間の短縮、手術創も小さく術後の痛みも軽い、再発率低下、日帰りや1泊入院での手術も可能になるなど、画期的な進化を遂げています。

当院では、「ダイレクトクーゲル法」を中心に行なっています。さらに「メッシュ・プラグ法」、「PHS法」を症例に応じて行っております。いすれも穴があ いた部分をメッシュという手術材料で塞ぎ、補強するイメージです。メッシュの素材はポリプロピレン製で40年以上使用されており、体内使用の安全性は確立 されています。

当院での手術ご希望の方は、一度外来受診をしていただき、状態を確認した上で、手術の説明、日程の相談を致します。外来受診は日祝日を除く午前中の受診をお願いしています。時間の都合がつかない方は、お電話にてご相談ください。
<<特定医療法人双愛会 大宮双愛病院>> 〒330-0804 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町2-160 TEL:048-643-1200 FAX:048-644-2902